キイジョウロウホトトギス

 キイジョウロウホトトギス
 台風にも負けず「キイジョウロウホトトギス」の花が咲きました。
環境省の絶滅危惧種にも指定されている紀伊半島固有の希少な植物で、
十津川村に僅かに自生しています。
公衆浴場 滝の湯に植栽した一部が可愛い黄色い花を咲かせています。

キイジョウロウホトトギス
雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ

キイジョウロウホトトギス

キイジョウロウホトトギス
優雅な花姿から「山里の貴婦人」ともいわれます

キイジョウロウホトトギス
「キイジョウロホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)」

◆ユリ科ホトトギス属の山野草
環境省 絶滅危惧粁

◆名前の由来
キイは紀伊半島、ジョウロウ(上臈)は江戸幕府大奥で身分の高い女官の職名。
釣り鐘状の鮮やかな黄色い花々がうつむいて咲き、
優雅でしっとりとした花姿が「高貴な貴婦人」の様から名付けられた。


********************

十津川村に咲くキイジョウロウホトトギスが掲載されました。


⇒「十津川彩る絶滅危惧の花」(2011年10月24日  読売新聞)


********************

★十津川村観光協会トップページ


この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode